| HOME | 当院のこだわり | 精密入れ歯(BPS) |

更新日 2017-11-01 | 作成日 2008-03-09

BPSデンチャー(精密入れ歯)

ヨーロッパからやってきた世界標準の『BPSデンチャー』

三須歯科医院が横浜で初のBPSデンティストに認定!

落ちない、浮かない、噛みしめられる精密入れ歯。
リヒテンシュタイン公国の世界的な歯科メーカー、イボクラールビバデント本社が開発した最新の入れ歯作りの方法です。

2009年5月、三須歯科医院の院長も症例を重ね、認定試験に合格、BPSデンティストとして認定医の資格をいただきました。
研修を受けて本社から国際ライセンスを与えられた歯科技工所しか作ることができません。
 三須歯科医院  インターナショナルライセンス№6360
 近藤義歯研究所 インターナショナルライセンス№5054

近藤義歯研究所LinkIcon

須歯科医院と提携している入れ歯のエキスパートである『近藤義歯研究所』の所長の近藤氏と主任の竹内氏が「ワールド BPSデンチャーコンテスト2007」で入賞しました!
2年に一度ヨーロッパ リヒテンシュタイン候国で開催される入れ歯のワールドカップにあたるこの大会は世界最高峰の可撤式義歯エキスパートと争うべく、2262名の世界中のメンバーから多くの方がコンテストに参加
このコンテストに入賞し限定スペシャルカレンダーに掲載されることを目標にコンテストに参加した、世界の入賞者12名のうち、2名が同じ歯科技工所から選ばれた。

ワールドBPSデンチャーコンテストLinkIcon

精密入れ歯と保険の入れ歯の違い

しっかり噛める、それが豊かな生活の基本です

毎日の食事、楽しく食べたいですよね。

保険の入れ歯は、国に決められたルールの中で作製するので、最低限の材料、方法しか使用することができません。なかなか満足のいく入れ歯が作れないのが現状です。
部分入れ歯の金具も簡易な物なので、安定せず、また掛けている歯に負担がかかります。保険外ですと、金具の見えない方法や、負担の少ない方法なども可能です。
お口は、身体の入口。食事、会話、笑顔にかかわる歯。ちゃんと作りたいですよね。
今の入れ歯に不満がある方、ご相談ください。



精密入れ歯ポスター

081 ポスター(よく噛める) 20080129.jpg
クリックで拡大

治療費一覧表

DSC05474.JPG保険外診療って高そうで不安.....
そんな心配はありません。三須歯科医院では、詳しいメニュー表が用意されています。詳しい説明の後、ご自宅に持って帰っていただきご家族でご検討ください。
治療本数が多い場合は、見積もりもお出ししています。必要な部位のみ治療しましょう。


総入れ歯

 フレームの材質によって治療費が変わります。基本的には超精密入れ歯は同じです。
 ・PGA床  ¥577,500
 ・チタン床  ¥472,500
 ・Co-Cr床  ¥399、900 (おすすめ!)
 ・レジン床  ¥315,000

 歯根に磁石やアタッチメントを使用した場合は別途治療費がかかります。

部分入れ歯

  失った歯の本数や、場所、使用する材質や金具の種類などにより治療費は変わります。三須歯科医院では、患者さんとしっかりとお話をして、最適な方法を検討していきます。もちろん、見積もりをお出ししますので安心してください。



治療期間について

総入れ歯

 現在の入れ歯の不足している部分を検討し、歯ぐきの状態を良くしてから型どりをします。完成まで5回程度、約1か月です。

部分入れ歯

まずは、残っている歯の歯周病のチェックをして必要があれば歯石を取ったりして歯周病の治療を行います。虫歯がある場合も先に治療します。
残っている歯の治療をしっかりと行なってから、部分入れ歯の型をとります。
何も問題がなければ、1か月程度で終わります。

治療費のお支払いについて

自費診療のお支払いには現金、各種クレジットカード、スマイルラインデンタルローンがご利用いただけます。

医療費控除について

歯科の保険外診療は医療費控除が認められております。